保険薬剤師とはどんな薬剤師なのか

保険薬剤師とはどんな薬剤師なのか

薬剤師は6年間大学の薬学部で正規課程を修了し卒業後、薬剤師国家試験に合格しなければなりません。 薬剤師業務はとても広範囲になりますが中でも<調剤>は薬剤師法でも最初に挙げられる基本的な業務になります。

薬剤師資格があれば誰でも行える業務ですがその中にあって<保険薬剤師>にしかできない業務もあります。 ここでは、「保険薬剤師とはどんな薬剤師なのか」をご紹介いたしましょう。

我が国には公的医療保険制度があり大部分の人たちが加入をし医療機関にかかるときは利用する制度です。

この公的保険制度を取り扱っている医療機関は<保健医療機関>としての指定を受ける必要があります。 同じように薬剤師や医師も保健医療に従事する場合は保険薬剤師・保険医として登録しなければなりません。

薬剤師の有資格者であっても、保険薬剤師として登録していなければ保険調剤をすることはできません。

調剤薬局は薬剤師の就職先でも一番多くなっていますし多くの人たちが健康保険や社会保険の公的医療保険制度を利用しますから調剤薬局の大部分は<保険調剤薬局>になっているのです。

要するに公的医療保険制度の取り扱いをする調剤薬局で従事するには薬剤師も保険薬剤師でなければならないのです。

調剤薬局以外でも保健医療に関連する業務をする職場で働く薬剤師は保険薬剤師への登録が必要です。 これには例外があり同じ保険調剤を行う業務の中でも病院内の薬剤部に勤務する場合は保険薬剤師登録は不要です。

ドラッグストアで勤務する場合も保険薬剤師登録は不要ですが、ドラッグストアの調剤併設店で調剤業務をする場合には登録しなければなりません。

勤務先を直轄する地方厚生局で保険薬剤師の登録手続きをしますが手数料などの費用はかからず書類上の登録手続きを登録後の研修に参加することが義務づけられています。

以上、保険薬剤師とはどんな薬剤師なのかをご紹介いたしました。 薬剤師の仕事をするほとんどの人たちは保険薬剤師登録をして働くことになります。

↑ PAGE TOP