病院薬剤師の求人は間口が狭い?

病院薬剤師の求人は間口が狭い?

薬剤師といえば、病院や調剤薬局で働く姿を思い浮かべる人は多いといえます。しかし、医薬分業が進んでから、病院で勤務している薬剤師を見掛ける機会は少なくなってきました。
パート薬剤師の悩み、職場における人間関係…

病院勤務は雇用条件が安定しているため、多くの薬剤師が勤務を希望しますが、すでに全国で約1万人もの薬剤師が病院で働いています。

この時点ですでに飽和状態だといわれていますので、特に都市部にある病院で働くことは非常に難しいといえるでしょう。

尚、今後も病院自体の件数が増えていかないことや、医薬分業が進んでいくこと、毎年5万人前後の薬剤師が、全国で新たに誕生していることを考えると、薬剤師の採用枠が増えることは考えづらいといえます。 つまり、薬剤師として病院で働きたくても、競争率が非常に高くなるため、現実的な話ではないのです。

この流れは、今後も長く続くのでしょうか。結論としては、病院で働く薬剤師の人数は、より少なくなっていくといえそうです。しかし、その一方で、専門性の高い薬剤師が求められるようになってきているという事実もあります。

近年は、医療現場でチーム医療に取り組む機会が増えており、その中の1人として薬剤師が活躍するケースが出てきているのです。 医療チームといっても、ガンの科学療法に関するチームであったり、患者さんの栄養管理に関するチームであったりと、取り組む内容に違いはありますが、特定の分野の専門性を身につけている人ほど、薬剤師としてチーム医療に参加できる可能性は高くなるといえるでしょう。

とはいえ、チーム医療の場合、どちらかというと規模の大きな総合病院や、大学病院で取り組む機会が多いというのが現状です。 現在、中小規模の医療機関に勤めているということであれば、なかなか携わることが出来ないかもしれません。

しかし、最先端医療について学べる研修会や勉強会など、薬剤師としてのスキルや知識を高めるための機会はたくさんあります。どうしても病院に勤務して、薬剤師として活躍したいのであれば、今のうちから準備しておくと良いでしょう。
青森県薬剤師会

薬剤師転職サイトを見つける前に

薬剤師の方の中には転職したいと考えている人は少なくありません。一体どのような方法で転職活動を行っているかというと、たくさんの求人情報を持っている転職サイトにエントリーすることで、広い範囲での情報を得ています。

ひとりでコツコツ行うのも良いかもしれませんが、転職サイトでしか得られない情報もあることを考えれば、エントリーする方が効率よく転職が出来るでしょう。

薬剤師というのは専門的なお仕事となります。そのことをしっかりとわきまえている、薬剤師の為に考えてくれるような転職サイトを選択するのがおすすめです。

ですが、薬剤師に特化した専門サイトというのは大変数が多いのが現状といえます。何を目的にして見つけるのか、自分の中で決めてから探してみてください。

おすすめなのは、求人の数、エントリーしている会員の人数、信頼できるサイトであるかどうか、キャリアコンサルタントの質、この四つを満たしている薬剤師転職サイトでしょうか。

このような転職サイトはそんなに多くはありません。求人案件数がどんなにたくさんあったとしても、その内容がスカスカだった場合は話にならないでしょうし、転職サイトのキャリアコンサルタントもまた同様です。

転職活動をしている薬剤師さんの迷いを払拭したり、方向性をアドバイスしてくれるキャリアコンサルタントさんはとても頼りになりますが、利用者の考えを理解してくれないような人であれば、いらない負担が薬剤師さんにかかってしまいます。そう考えると、先に述べた4つのポイントは抑えておきたいところです。

転職活動は長い間する物ではありません。出来るだけ効率よくすませるためには、まずは良質な薬剤師転職サイトを見つけてください。

どんな転職サイトを活用するかで、転職の成功が決まります。一番最初は大手の転職サイト、活用にも慣れて来たところで他の転職サイトにもエントリーしてみてください。

しっかり悩みに向き合ってくれるコンサルタントがいる転職サイトを見つけ、転職成功を目指しましょう。

薬剤師が転職する時に利用したいサイト

転職というのはどんな職種でもエネルギーを必要としますが、中でも薬剤師という職業は行わなければいけない仕事が多過ぎて、仕事をしながら転職活動というのはなかなか難しいことです。

僅かでもその負担を軽くするためには、ぜひ転職サービスなどを利用して、効率よく転職先を探してみてください。

薬剤師転職活動をする際は一体どのような手順で臨むかというと、最初に行うことが求人情報の収集です。そして見つかり次第申し込みを行い、筆記試験や面接などを受ける事になるでしょう。

無事に面接などにパスできれば採用の流れとなります。上記の転職までの流れはもちろん薬剤師だけではありません。どの職業でも転職する際は通る道です。

転職活動の行程ひとつひとつが大切だと言えますが、中でも求人情報の収集が大切なポイントだと言えます。

しっかり情報を集められてないケースだと、無事に採用されたあと職場に行き、こんな転職がしたかったのか?…ということにもなりかねません。

やりたかったことと転職先での実際の仕事との不一致や、職場の雰囲気に馴染めなかったり…、こうなると転職失敗という事になってしまいますし、何度も転職をリピートする可能性も出て来ます。

ですから薬剤師転職で重要なことは、広い範囲で求人情報を探し、その中身を丁寧にチェックしていく事になるでしょう。

転職活動というのは短い期間で終わらせたい物ですが、ひとりで行っていると見つけられる求人もそんなに多くありません。

そんな時に役立つのが薬剤師専門の転職サイトです。上手に活用することで、働きながらでも新天地を探すことが可能になります。

インターネットには総合型と、職業に特化した転職サイトが存在します。薬剤師の求人を見つけるためには、専門性にマッチした薬剤師転職サイトがおすすめです。薬剤師ならではの求人を提供してくれる転職サイトを利用して、自分に合った職場を見つけてください。

↑ PAGE TOP